新着情報

第3回「薬物依存症者と家族フォーラム」を開催します。

掲載日:2019年08月16日
投稿者:横浜ひまわり家族会

薬物依存症は病気です~家族が笑顔を取り戻すために~

「回復は独りではできない、仲間の中で回復できる!」をテーマに、基調講演は国立精神・神経医療研究センター 薬物依存研究所 心理社会研究室長 嶋根 卓也先生です。先生の「ダルク追っかけ調査」などの研究成果の中から見えてきたダルクや、当事者の実像をとうして、『仲間の中での回復が、いかに重要か』を示していただき、ダルクにどう繋いでいくか、ダルク卒業後のサポート・支援のあり方、家族の対応などを講演していただきます。それを受けて、トーク&Q&Aセッションでは、ダルクなどの回復施設の方々に依存症からの回復について、施設での活動や日々大事にしていることなどを話していただき、参加者の方が自助活動の意義について理解を深め、回復に役立てていただければと思います。当事者・家族の体験談もあります。

【日時】 2019年8月25日(日)
【時間】 12:30~16:30 (受付開始12:00)
【場所】 南公会堂 横浜市南区浦舟町2-33
【定員】 先着300名 参加費無料 事前申込不要

【基調講演】
(講師) 嶋根 卓也 先生 (国立精神・神経医療研究センター 薬物依存研究部 心理社会研究室長)
(テーマ)当事者が主体となった回復支援活動のエビデンス」ダルク追っかけ調査2016-2018

【体験談】
家族から・当事者からのメッセージ 援助者からのメッセージ
横浜ダルク(サービス管理責任者) 境田氏

【トークセッション&Q&A】
(登壇者)嶋根先生、横浜ダルク施設長 山田氏、横浜ダルク境田氏、湘南ダルク施設長 栗栖氏、RDP横浜施設長 城間氏、女性サポートセンターIndah 施設長 小嶋氏、(一社)空代表 石川氏( 就労継続支援B 型施設)

【お問い合わせ】 NPO法人横浜ひまわり家族会
TEL 045-475-2063(木曜日10:00~16:00)090-3478-4998(中原)090-8720-4641(岡田) FAX 045-543-3880  URL http://himawari.yokohama/

【資料】
第3回「薬物依存症者と家族フォーラム」のお知らせ(PDF)


前のページへ戻る