依存症コラム 依存症について知ろう「回復の広場」

薬物

ご家族の薬物やアルコール問題でお困りの方、 同じ経験を持った仲間と一緒に考えていきましょう。

掲載日:2021年12月10日
投稿者:NPO法人 横浜ひまわり家族会

みなさんは、「歌手 ○○ 覚せい剤で逮捕!」「大学教授 薬物使用発覚!」などの新聞記事やニュースなどをご覧になったとき、どんな風に思われますか?「快楽を求めてやったんだな。」「犯罪者になったな。」など、いろいろな感想をお持ちのことと思います。かく言う私たちも恐らくそう感じていました。家族に薬物の問題が起こるまでは。

薬物使用なんて反社会的な悪い人たちが、罪を犯してやるもの・快楽主義で溺れてしまった・意思が弱いだらしない人など、そんなイメージを持っていました。テレビドラマやドキュメンタリーで観たことのある違う世界の出来事でしかありませんでした。

突然の逮捕や、薬物関連の物の発見から、家族の混乱は始まっていきます。一体、何が我が家で起こっているのか?否定と混乱に巻き込まれ、誰にも相談できずに深みにはまっていく感覚。孤独・感情の爆発・壊れていく家族関係。

そんな経験を通して、たどり着いたのが、薬物の問題のある家族のための「横浜ひまわり家族会」でした。家族会との出会いはさまざまですが、薬物依存症者の回復施設からの紹介や、メッセージ活動の中で出会った人、病院からの紹介などです。

まず、家族会に行って驚いたのは笑っている人たちがいることでした。人生も終わったと感じて行った先の人たちが大きな声で笑っている。それは衝撃でした。きっと私の問題よりも軽い問題しか抱えていないのかもしれないと思うような状態でした。実際はそうではなく、家族会に出会ったことによって、心の元気を取り戻したということがわかりました。

横浜ひまわり家族会は、主な活動に「ミーティング」「研修会」社会に発信するための「フォーラム」や「公開講座」「オープンセミナー」などがあります。

「ミーティング」は今、家族会のメンバーが抱えている感情や問題を、言いっぱなし・聞きっぱなしのルールで話します。誰にも批判されず自分の気持ちと向き合う貴重な場です。

「研修会」は依存症に関係する課題について、専門家の方をお呼びして講義を受けています。家族会のメンバーが抱えている問題の相談をする機会もあります。

「フォーラム」や「公開講座」「オープンセミナー」は依存症の理解を進めるために社会に向けての発信の場になります。依存症治療の精神科医や臨床心理士・回復施設の施設長やスタッフなど依存症に関するあらゆる角度から勉強をしています。

電話相談や面接相談では同じ経験した家族が一緒に考え、家族は家族会で、当事者はダルクスタッフの協力のもとで回復に繋げていきます。

もしこのコラムをご覧になった方で、近しい人の心配をされているなら、ぜひ家族会に足を運んでみてください。根本的な問題が解決するわけではありませんが、家族が笑顔になるヒントは見つかるかもしれません。

詳しくは当ポータルサイトをごらんください。
または横浜ひまわり家族会ホームページhttp://himawari.yokohama まで

NPO法人 横浜ひまわり家族会 氏

NPO法人 横浜ひまわり家族会

NPO法人 横浜ひまわり家族会